2001年09月25日

「雇用戦略」としてのテレワーク

  小豆川 裕子

文字サイズ

■目次

1.はじめに
2.5年後には約半数の企業で実施
3.育児・介護期の社員から対象拡大へ
4.「多様化」への対応としてのテレワーク

■introduction

日本のインターネット人口は、2000年末で4,708万人(対前年比74%)となり、CATV利用のインターネットおよびDSLの加入数については、2000年末に約85万件(前年比約4倍)と、ブロードバンドが急速に普及している。急速なITインフラの整備は、遅れがちな企業のマネジメントスタイルの変革もさることながら、在宅勤務やモバイルワークなどテレワークという新たなワークスタイルへの転換に一層ドライブをかけていくと考えられる。

小豆川 裕子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【「雇用戦略」としてのテレワーク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「雇用戦略」としてのテレワークのレポート Topへ