2001年09月25日

アートと市民・子どもをつなぐ「アウトリーチ活動」

社会研究部 研究理事   吉本 光宏

文字サイズ

最近各地の公立ホールや美術館、芸術団体は、公演や演奏会、展覧会とは違う形で、市民や地域に芸術を提供する「アウトリーチ活動」に取り組み始めている。
子どもや障害者、高齢者向けのプログラムなど、その内容は多岐にわたるが、来年の学習指導要領の改訂を視野に入れ、アーティストを学校に派遣するNPOも登場するなど、子ども向けのアウトリーチ活動はとくに活発化しており、芸術の新たな社会サービスの可能性を模索する動きとして注目される。

このレポートの関連カテゴリ

59_ext_01_0.jpg

社会研究部   研究理事

吉本 光宏 (よしもと みつひろ)

研究・専門分野
芸術文化政策、文化施設開発、文化施設運営・評価、創造都市、オリンピックと文化

レポート

アクセスランキング

【アートと市民・子どもをつなぐ「アウトリーチ活動」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アートと市民・子どもをつなぐ「アウトリーチ活動」のレポート Topへ