2001年09月25日

家計部門の金融資産と実物資産の関係

経済研究部 主任研究員   石川 達哉

文字サイズ

2000年度末の家計金融資産残高が前年度比で減少したのは、資金余剰額が縮小し、キャピタルロスを吸収しきれなかったためである。
家計部門の資金余剰縮小の背景には、リストラに伴って売却した法人部門の土地を家計部門が購入するという実物資産取引の構造変化がある。
従来は農地の商業地転用などで土地の売却超過部門であった家計は購入超過部門へと転じている。

このレポートの関連カテゴリ

44_ext_01_0.jpg

経済研究部   主任研究員

石川 達哉 (いしかわ たつや)

研究・専門分野
財政・税制、家計貯蓄・住宅

レポート

アクセスランキング

【家計部門の金融資産と実物資産の関係】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

家計部門の金融資産と実物資産の関係のレポート Topへ