2001年09月01日

コーポレート・ガバナンスに対する機関投資家の取り組み

文字サイズ

機関投資家が、企業経営に関与する姿勢を積極化している。この背景には、機関投資家の意識変化がある。企業経営に対するモニタリングの実効性に注目し、議決権行使に取り組む姿がうかがえるが、まだ、企業との効果的なコミュニケーションの実現を模索している段階と思われる。こうした取り組みが、株主価値の増大につながって行くことを期待したい。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【コーポレート・ガバナンスに対する機関投資家の取り組み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コーポレート・ガバナンスに対する機関投資家の取り組みのレポート Topへ