2001年08月25日

付加価値分配の現状と企業を巡る問題

  日向 雄士

文字サイズ

バブル崩壊以降、企業の収益率が大きく低下するなど日本型経営の問題が鮮明となり、人件費負担の高さや過剰設備をその原因に挙げる議論がみられる。
こうした点につき、生産活動で生み出された付加価値の分配という観点から、何か問題点として指摘できないか、過去との比較の中で検討した。
結果として、年金問題などの法定福利費の上昇や設備生産性の低下が、企業の収益率低下の大きな原因であることが確認できた。

このレポートの関連カテゴリ

日向 雄士

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【付加価値分配の現状と企業を巡る問題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

付加価値分配の現状と企業を巡る問題のレポート Topへ