2001年07月25日

2001年度改訂経済見通し

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

99年春に始まった景気の回復は、企業部門の改善が家計部門の改善に結びつくまでには至らなかった。
日本経済はすでに景気後退局面にあり、2001年度のGDP成長率は実質▲0.3%と3年ぶりのマイナス成長となるだろう。
構造改革なしには日本経済の回復は望み得ないが、小泉政権が改革を進めるためには、需要面にも配慮して政策運営が求められる。

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【2001年度改訂経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2001年度改訂経済見通しのレポート Topへ