2001年07月25日

通貨ストラテジーの新たな枠組み

  中窪 文男
  岡田 章昌

文字サイズ

国内の資産運用環境が厳しくなる中で、外貨建資産運用に対する注目度が高まっている。
しかし、外貨建資産運用には為替変動リスクが伴う。よって、そのリスクをコントロールしつつ、パフォーマンスを向上させる総合的な運用能力が求められている。
当研究所では、このような資産運用上のニーズに応えるべく、長期的視点からの「ファンダメンタルズ分析手法」と短期的視点からの「金融工学的手法」を融合した、統合的通貨ストラテジーの開発を試みている。

このレポートの関連カテゴリ

中窪 文男

岡田 章昌

レポート

アクセスランキング

【通貨ストラテジーの新たな枠組み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

通貨ストラテジーの新たな枠組みのレポート Topへ