2001年07月01日

万人のための年金運用入門(3)-国内債券(上)

文字サイズ

今回から、国内債券について解説いたします。国内債券は、株式に比べて価格の変動が小さく、また満期まで保有すれば利回りが確定するため、安全資産と呼ばれ、年金資産運用の中核をなすものです。しかし、金利の変動によって価格が上下する市場リスクや、発行体が倒産した場合に、利払いや償還が滞る信用リスクもあります。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【万人のための年金運用入門(3)-国内債券(上)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

万人のための年金運用入門(3)-国内債券(上)のレポート Topへ