2001年07月01日

公的年金積立金の自主運用について

文字サイズ

2001年4月より、年金福祉事業団に代わって新たに設立された年金資金運用基金は、厚生年金および国民年金の積立金の自主運用を行うが、その140兆円にものぼる巨額の公的運用機関の登場が、証券市場に与える影響などが注目される。また、運用結果によっては、積立金が減少して、保険料引上げなどにつながるリスクが国民にとってもある。

レポート

アクセスランキング

【公的年金積立金の自主運用について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

公的年金積立金の自主運用についてのレポート Topへ