2001年06月25日

中高年ライフコース研究(その3)

  武石 恵美子
生活研究部 主任研究員   松浦 民恵

文字サイズ

97年と99年の2年間における就業変動を軸に、高齢期の就業と生活意識の関わりについて分析した。
高齢者の雇用の受け皿としては、中小企業や自営業セクターが重要な役割を果たしている。
60歳以上の生活満足度は特に就業者で高いが、老後に対する不安は全般に高く、高齢期を不安なく迎えることができるような社会基盤の整備が求められている。

武石 恵美子

38_ext_01_0.jpg

生活研究部

松浦 民恵 (まつうら たみえ)

レポート

アクセスランキング

【中高年ライフコース研究(その3)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中高年ライフコース研究(その3)のレポート Topへ