2001年06月25日

金融面から見たユーロ導入のインパクト

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州単一通貨ユーロの導入から2年半が経過した。
ユーロ圏ではユーロ導入を境に資本市場の規模が拡大、金融再編は活発化したが、法制、税制、会計基準の相違など各国の金融・資本市場を分断する障壁は残存している。
単一通貨建ての大規模な金融・資本市場の形成というユーロ導入のメリット実現には、参加国のマクロ政策協調とともに制度調和への継続的な取り組みが必要とされている。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【金融面から見たユーロ導入のインパクト】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融面から見たユーロ導入のインパクトのレポート Topへ