2001年06月15日

2001年度改訂経済見通し:構造改革に挑む日本経済

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<2001年度▲0.3%、2002年度0.2%成長>
  1. 2001年度の日本経済は、景気後退によって設備投資が減少することに加えて、構造改革の副作用で消費の低迷も避けられないことから、実質▲0.3%のマイナス成長となるだろう。
  2. 構造改革なしには日本経済の回復は望み得ないが、小泉内閣が構造改革を進めるためには、需要面への配慮が欠かせない。財政赤字削減のスピード調整、社会保障制度改革による消費拡大の基盤作り、雇用対策政策が重要な政策課題であろう。
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【2001年度改訂経済見通し:構造改革に挑む日本経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2001年度改訂経済見通し:構造改革に挑む日本経済のレポート Topへ