2001年06月11日

QE速報:1-3月期は設備投資減少でマイナス0.2%成長

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<QE速報:1-3月期は再びマイナス成長に>
  1. 2001年1-3月期の経済成長率は前期比実質マイナス0.2%(年率マイナス0.8%)となった(基礎研事前予測6月7日:前期比▲0.1%)。民間消費は家電リサイクル法による駆け込み需要等があったものの前期比0.0%にとどまり、10-12月期に6.7%の大幅増加となった設備投資はマイナス1.0%の減少となるなど民需が低迷したことによる。
  2. GDPデフレーターは前年同期比で1.2%下落し、物価の下落基調が続いている。
  3. 2000年度の経済成長率は設備投資が4.6%の増加となったことから実質0.9%となった。民間消費の低迷から平成13(2001)年度政府経済見通しにおける2000年度実績見込みの1.2%を下回った。
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【QE速報:1-3月期は設備投資減少でマイナス0.2%成長】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QE速報:1-3月期は設備投資減少でマイナス0.2%成長のレポート Topへ