2001年06月01日

行動ファイナンスとは

文字サイズ

行動ファイナンスは、資本市場理論(CAPM)など標準的な現代ポートフォリオ理論(以下、標準理論1)では説明できない市場の動きに注目して、主に心理学的な視点から説明を試みる理論である。未だ課題も残るが、更なる研究により、説明力向上への貢献が期待される。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【行動ファイナンスとは】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

行動ファイナンスとはのレポート Topへ