2001年05月25日

米国プルデンシャル保険の株式会社化

  高島 浩一

文字サイズ

■目次

1.はじめに
2.株式会社化の背景と目的
3.プル社の株式会社化計画の概要
4.プル社の株式会社化における注目点
5.おわりに

■introduction

昨年12月15日、米国最大の生保会社であるプルデンシャル社( Prudential Insurance Company of America、以下、プル社)が、取締役会で、相互会社から株式会社への転換を正式に決議した。
同社が株式会社へ転換する方針を表明したのは、98年2月12日である。今回の正式決議までに実に3年近くが経過した。この間、プル社に遅れて株式会社化の方針を表明したジョン・ハンコック社(99年末総資産全米第13位、98年5月表明)およびメトロポリタン社(同第2位、98年11月表明、以下、メットライフ)が、同社を追い越し、それぞれ昨年1月と4月に株式会社化およびIPO(新規株式公開)・上場を完了した。プル社のもたつきに、最大手ゆえの苦労が感じられる。
プル社は、メットライフとともに1,100万人に及ぶ保険契約者を擁する巨大生保会社である。プル社の株式会社化は、同じく数百万から1,000万規模の契約者を有するわが国の生保相互会社にとっても、注目すべき事例である。
プル社はわが国になじみの深い会社でもある。わが国生保市場での事業活動は、ソニーと合弁でソニープルデンシャル生命(現ソニー生命)を設立した79年に始まり、20年に及ぶ歴史を有している。ソニーと袂を分かった後に設立した100%子会社プルデンシャル生命(日本法人)の業績向上も著しい。この4月には、破綻した協栄生命の基盤を引き継いだジブラルタ生命をグループに加えた。
以下、プル社の株式会社化の状況についてレポートしたい。

このレポートの関連カテゴリ

高島 浩一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国プルデンシャル保険の株式会社化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国プルデンシャル保険の株式会社化のレポート Topへ