2001年05月25日

株式投資情報は有効か

  遅澤 秀一

文字サイズ

株式売買手数料の自由化に伴う競争激化に直面し、非価格競争力を高めるため、情報提供に力を入れる証券会社が出てきた。
そこで、アナリストが提供する投資情報である株価格付けと業績予想を取り上げ、その有用性について調査した。
その結果、株価格付けは株式の価格変動の大きさゆえに情報価値が安定せず、アナリストの業績予想も東洋経済の予想より精度が必ずしも高いわけではないことがわかった。

このレポートの関連カテゴリ

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【株式投資情報は有効か】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式投資情報は有効かのレポート Topへ