2001年04月25日

不動産証券化が加速させる投資的取引

  松村 徹

文字サイズ

これまで日本には中古住宅の流通市場や賃貸住宅市場、賃貸オフィス市場はあっても、不動産投資市場というべき活発な投資的取引はほとんど存在しなかった。
しかし90年代後半の不良債権のバルクセールや不動産証券化などを契機に、企業の事業用不動産の流動化が進んでおり、本格的な不動産投資市場の形成も視野に入ってきた。

このレポートの関連カテゴリ

松村 徹

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【不動産証券化が加速させる投資的取引】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産証券化が加速させる投資的取引のレポート Topへ