2001年04月20日

海外経済動向/最近の英国経済とユーロ参加への動き

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

<海外経済動向>

  1. 米国経済は年末にかけて急減速しリセッション入りも濃厚との見方が強まったが、その後予想外に堅調な経済指標も見られ踊り場的様相を呈している。
  2. ユーロ圏の景気は相対的に堅調ながら、景況感は悪化している。欧州中央銀行(ECB)は11日の定例理事会で中期的な物価安定を優先し政策金利を据え置いた。

<トピックス:最近の英国経済とユーロ参加への動き>

  1. 英国の景気も米国経済の減速、株価調整の影響と口蹄疫の広がりから翳りつつあり、2001年の経済成長率は2000年の3.0%から2.3%への減速が見込まれる。
  2. 総選挙で労働党勝利の場合、2年以内にユーロ参加の是非を問う国民投票が実施される見込み。ポンドの割高化、ユーロ圏との経済収斂の未達成、世論の慎重姿勢などから、英国のユーロ参加の行方は不透明な状況にある。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【海外経済動向/最近の英国経済とユーロ参加への動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

海外経済動向/最近の英国経済とユーロ参加への動きのレポート Topへ