2001年04月01日

米国経済統計ウォッチ

  山田 剛史

文字サイズ

■intrduction

米国経済は景気の減速が明確になっており、1~3月にマイナス成長に転じたとみられる。株価の急落が消費者・生産者マインドの低下、資金調達環境の悪化、逆資産効果などを通じて、これまでより速い景気変動を引き起こしている。IT 投資の増加で在庫調整のスピードが高まっていることも、減速を強める要因となっている。
FRB(連邦準備理事会)は、1月に緊急利下げを含めて、FF レートの誘導目標を1%引下げて5.5%とし、金融緩和政策に転換した。リセッションの可能性が高まっており、年央にかけてさらに1%以上の利下げが予想される。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済統計ウォッチ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済統計ウォッチのレポート Topへ