2001年03月30日

年齢、職種で拡大する雇用のミスマッチ

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<今週の焦点:年齢、職種で拡大する雇用のミスマッチ>

  1. 失業率は90年以降上昇傾向が続いているが、その大きな理由は景気回復局面でも失業率が低下しなかったことにある。
  2. 景気回復局面での失業率低下を妨げてきた大きな要因は、求人・求職間のミスマッチの拡大であり、特に年齢、職種間でそれが顕著である。
  3. このようなミスマッチを縮小させ、景気回復期には失業率が低下するという環境を整備しておくことが重要である。

<2001年1-3月期、4-6月期GDP>

  • 実質GDPは、1-3月期は前期比0.2%(年率0.8%)とプラス成長を維持するが、4-6 月期は前期比▲0.1%(年率▲0.6%)とマイナス成長に転じると予測する。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【年齢、職種で拡大する雇用のミスマッチ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年齢、職種で拡大する雇用のミスマッチのレポート Topへ