2001年03月25日

中期経済見通し(2000~2005 年度)

文字サイズ

20世紀最後の10年間に日本経済が低迷を続けた根底には、「バブル崩壊の後遺症」と「高齢化がもたらす貯蓄投資の不均衡問題」という二重構造の問題がある。
今後高齢化がさらに進展することにより、貯蓄過剰問題は解消の方向に向かう。
しかし、米国経済の減速に伴い日本経済も一時的な景気後退は避けられないため、2005年度までの平均成長率は1.5%にとどまるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【中期経済見通し(2000~2005 年度)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中期経済見通し(2000~2005 年度)のレポート Topへ