2001年02月25日

FRBの金融政策転換モデル

  山田 剛史

文字サイズ

FRB(米連邦準備理事会)のグリーンスパン議長は、景気の安定化を重視し、資産価格を含む多様な経済指標を考慮に入れて、機動的な金融政策を実施することにより、市場の高い信認を得ている。
議長の政策スタンスをモデルにより分析し、金融政策の転換点を予測すると、昨年12月に0.5%利下げの政策転換サインが点灯しており、今年1月の緊急利下げ実施を裏付けている。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【FRBの金融政策転換モデル】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

FRBの金融政策転換モデルのレポート Topへ