2001年02月16日

米国経済:真の生産性向上は99年から

  山田 剛史

文字サイズ

<今週の焦点>

  1. FRB(連邦準備理事会)は、1月に緊急FOMC(公開市場委員会)と合わせてFF レートを1%引下げ、金融緩和政策に転換した。景気減速への懸念を示す一方、生産性の向上がインフレを抑制しているとの判断から、ソフトランディング実現への対応を図っている。
  2. 生産性の統計にはインフレ圧力が含まれている。また生産性を高める資本深化も、相対価格の低下による労働力からのシフトの影響がある。しかし両者を考慮した真の供給力は、99年以降伸びを高めており、FRBの政策判断を裏付けている。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済:真の生産性向上は99年から】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済:真の生産性向上は99年からのレポート Topへ