2001年02月09日

ニッセイフラッシュ・ニッセイ景気動向判断指数 春頃に景気はピークへ

  日向 雄士

文字サイズ

<今週の焦点:ピークに向かう景気>

  • 1月のNBIは12.4%と引き続きプラスを維持しているが、12月の29.5%と比べ大きく低下した。国内では個人消費の低迷が続いている上に、米国経済の減速から輸出が鈍化することが見込まれ、春頃には景気がピークを迎える可能性が高くなってきた。

<ニッセイフラッシュ・ニッセイ景気動向判断指数(NBI)>

  • 1月のニッセイフラッシュは前月比マイナス1.6%と2ヶ月ぶりにマイナスに転じる可能性が高い。10-12月期は前期比プラス0.8%と引き続きプラスを維持した。1月のNBIも、12.4%と大きく低下したが、プラス(景気回復局面)を維持した。

このレポートの関連カテゴリ

日向 雄士

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【ニッセイフラッシュ・ニッセイ景気動向判断指数 春頃に景気はピークへ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイフラッシュ・ニッセイ景気動向判断指数 春頃に景気はピークへのレポート Topへ