2001年01月01日

米国会計基準適用23社にみる積立不足の状況(上)

文字サイズ

米国会計基準を適用している日本企業23社で、未積立債務は大幅に減少した。99年度の投資が好調で年金資産が増加したこと、年金・退職金制度の見直しなどで、予測給付債務が微増に止まったことが背景にある。企業によって状況は異なるが、退職給付債務の財務面への影響は減少したといえよう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【米国会計基準適用23社にみる積立不足の状況(上)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国会計基準適用23社にみる積立不足の状況(上)のレポート Topへ