2001年01月01日

「企業年金の受給権保護を図る制度」(企業年金法素案)に欠けているもの

文字サイズ

「企業年金の受給権保護を図る制度」の検討が、中央省庁再編前の5省庁案を軸に進んでいる。企業年金の受給権保護のための統一的な枠組みの整備が目的であったはずだが、現実には、厚生年金基金の代行返上の受け皿作りが優先されたようだ。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【「企業年金の受給権保護を図る制度」(企業年金法素案)に欠けているもの】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「企業年金の受給権保護を図る制度」(企業年金法素案)に欠けているもののレポート Topへ