2000年12月13日

短観速報~先行き不透明感強まる

  岡田 章昌
経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<今週の焦点>

  1. 業況感の改善傾向は足踏み状態となり、先行きに対する不透明感が強まった。
  2. 大企業・製造業の業況判断DI は+10(9月調査+10)と改善は足踏み、大企業・非製造業は▲10(9月調査▲9)で悪化した。先行きについては大企業・製造業の業況判断DI は+7と悪化が見込まれているが、大企業・非製造業は▲8と改善が見込まれている。
  3. 経常利益は年度全体では上方修正だが下期の下方修正が大きく、先行きに減速感がある。
  4. 設備投資は今年度の増加基調は確認されたが、製造業と非製造業の格差が目立った。経常利益の伸びが下期に鈍化していくことをあわせると、投資の伸びは次第に鈍化しよう。

岡田 章昌

42_ext_01_0.jpg

経済研究部

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

レポート

アクセスランキング

【短観速報~先行き不透明感強まる】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

短観速報~先行き不透明感強まるのレポート Topへ