2000年12月01日

米国経済統計ウォッチ

  山田 剛史

文字サイズ

■intrduction

米国の7~9月期の実質GDP は前期比年率+2.7%と、市場の予想を下回った。政府支出の減少や在庫調整だけでなく、設備投資の構築物や住宅投資に金融引締め効果が現れている。一方消費は貯蓄率マイナスのもとで伸びを高め、外需も輸出の増加で好転している。
最終需要の減速を受けて、雇用のひっ迫や原油価格の高止まりにもかかわらず、インフレ率は落ち着いている。FRBはソフトランディングシナリオへの信認を強めており、金融政策は現状スタンスの継続が予想される。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済統計ウォッチ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済統計ウォッチのレポート Topへ