2000年12月01日

ニッセイ為替インデックス円安圧力の弱まりを示唆

  岡田 章昌

金融市場・外国為替 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

<ニッセイ為替インデックス>

  1. 12月の為替インデックスは+1.2%と11月の+6.5%からプラス幅が縮小し、円安圧力の弱まりを示唆するものとなっている。
  2. 当面円安材料が多いが、今後米国経済の減速が明確となってくれば円安基調は修正される可能性が大きいものと予想する。

<今週の焦点:資本取引の国際化と日本経済>

  1. 2000年度に入り、株式投資収支が流入超から流出超に転じていること、特に対内株式投資が流出超に転じたこと等を背景に、証券投資収支は流出超の動きが続いている。
  2. 対外直接投資の積極化等により直接投資収支は流出超幅を拡大しているが、一方で対内直接投資についても新規投資額が増加傾向を持続している。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

岡田 章昌

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【ニッセイ為替インデックス円安圧力の弱まりを示唆】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイ為替インデックス円安圧力の弱まりを示唆のレポート Topへ