2000年11月25日

東京のオフィス市場動向

  山方 俊彦

文字サイズ

東京のオフィス市場は、景気回復と賃料の低位安定による需要増加で空室率が低下しており、優良ビルでは賃料に底打ち感もでている。
しかし、今後のオフィス供給を大幅に上回る需要拡大が見込めないため、立地や設備面などに劣るビルは空室を常時抱え、優良ビルとの賃料格差は拡大しよう。

このレポートの関連カテゴリ

山方 俊彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【東京のオフィス市場動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京のオフィス市場動向のレポート Topへ