2000年11月25日

公開買付(TOB)の現状と株価への影響

  小本 恵照

文字サイズ

わが国で過去に実施された公開買付(TOB)をみると、時価を下回る買付価格を提示し、特定の大株主のみから株式を買付ける実質的な相対取引といえる事例が約半数を占めている。
これは、TOBによらなくてはならない取引の範囲が、米国に比べ広いことに理由がある。
公開買付による株価の変動を調べると、買収会社の株価には大きな変動がみられないのに対し、被買収会社では15-20%の株価上昇がみられる。

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【公開買付(TOB)の現状と株価への影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

公開買付(TOB)の現状と株価への影響のレポート Topへ