2000年11月10日

ニッセイ景気動向指数・フラッシュ:10月分

  日向 雄士

文字サイズ

<ニッセイフラッシュ・ニッセイ景気動向指数(NBI)>

  • 10月のニッセイフラッシュは前月比プラス1.0%、7-9月期も前期比プラス0.6%となり、引続きプラス基調を持続する見込み。10月のNBIは27.5%となり、99年夏場以降のプラス状況(景気回復局面)が続く。
  • ニッセイフラッシュ・NBIの双方から、景気回復が続いていると判断される。

<今週の焦点:東京都区部消費者物価の動向>

  • 東京都区部の消費者物価は下落幅が拡大する動きが見られるが、実際の消費支出を伴わない帰属家賃の影響を除けば引き続き緩やかな下落基調で推移していると考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

日向 雄士

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【ニッセイ景気動向指数・フラッシュ:10月分】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイ景気動向指数・フラッシュ:10月分のレポート Topへ