2000年11月01日

代行制度を考える(3)

文字サイズ

たしかに、「代行制度」には多くの問題があるが、「代行返上」が唯一の解決策とも思われない。多くの提案は、「代行制度の欠点を改善して、基金制度を存続」させる立場と、「代行返上により基金制度を廃止(安楽死)」させる立場に大きく分かれよう。また、前者も、現在の代行制度の枠組みは変えないで、「中立化」の徹底で多くの問題が解決できるとする立場と、厚生年金との関係を絶ちきり「適用除外」制度に近づける立場がある。

レポート

アクセスランキング

【代行制度を考える(3)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

代行制度を考える(3)のレポート Topへ