2000年10月27日

冬のボーナス増で期待できる個人消費の回復

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<7-9月期GDP>

  1. 当研究所の最新予測では、7-9月期の実質GDP成長率は前期比+0.2%(前期比年率+0.8%)となる。公共投資が大きく落ち込み、個人消費の伸びが鈍化するが、設備投資が増勢を維持するため、民需中心の成長パターンに変わりつつある。
  2. 9月の二面等価月次GDPは前月比▲0.4%、需要面+0.3%、供給面▲1.5%である。

<今週の焦点:冬のボーナス増で期待できる個人消費の回復>

  1. 夏のボーナスは前年比横ばいにとどまったが、妥結時期が遅い企業ほど伸びが高くなっている。景況感、企業業績、労働需給の改善傾向が続いていることから、冬のボーナスは前年比3%程度のプラスになると予測される。
  2. 2000年度年度下期の個人消費は、明るさを取り戻し堅調に推移することが期待できる。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【冬のボーナス増で期待できる個人消費の回復】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

冬のボーナス増で期待できる個人消費の回復のレポート Topへ