2000年10月20日

米国経済:雇用ひっ迫続くもインフレ圧力弱い

  山田 剛史

文字サイズ

<今週の焦点>

  1. 米国経済には減速の兆しがみられるが、労働需給は、国勢調査などの一時的要因を考慮すると、依然雇用ひっ迫の状況が続いている。今年以降賃金上昇が90年代のトレンドを上回るなど、インフレ懸念はむしろ高まっている。
  2. しかし雇用ひっ迫のインフレへの影響は、80年代と比べて大幅に減少している。インフレを引き起こさない失業率の水準は1%低下しており、インフレ圧力も半減している。生産性の向上などインフレ抑制要因の高まりが背景にあり、FRBは労働需給に対し現状スタンスの継続で対応すると思われる。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済:雇用ひっ迫続くもインフレ圧力弱い】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済:雇用ひっ迫続くもインフレ圧力弱いのレポート Topへ