2000年10月19日

経済対策速報~GDPを0.5%押上げ

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎
経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<要旨>
  1. 政府は19日「日本新生のための新発展政策」を発表した。事業規模は11兆円、今年度補正予算の規模は3兆9000億円、このうち公共事業等の社会資本整備には2兆5000億円が投入される。
  2. 経済企画庁は経済対策の経済効果について「今後1年間のGDPを名目で1.3%程度、実質で1.2%程度押上げる効果がある」という試算を発表した。
  3. 経済企画庁はこの対策の発表にともなって政府経済見通しの見直しを行い、2000年度の実質経済成長率を1.0%から1.5%へと上方修正した。
  4. 当研究所の試算では、この対策による真水は2.4兆円で、GDPの押し上げ効果は2000年度が0.1%、2001年度は0.4%、合計で0.5%と推定される。
  5. 当研究所が9/14に4-6月期のGDP発表を受けて発表した2000年度の改訂見通しは、今回発表された規模の対策を織り込んでおり変更はない(当研究所の2000年度予測は2.7%成長)。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

42_ext_01_0.jpg

経済研究部

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

レポート

アクセスランキング

【経済対策速報~GDPを0.5%押上げ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済対策速報~GDPを0.5%押上げのレポート Topへ