2000年10月01日

代行制度を考える(2)

文字サイズ

「企業年金法」の4省案では「代行なし基金」を認め、「基金型企業年金」をその受け皿にする構想のようである。他に「企業型企業年金」も選択できるが、どの制度を選択するにせよ、企業は、改めて「代行制度」の意義について真剣に問い直す必要が生じよう。また、行政サイドも、「代行制度」の問題の所在と改善策について検討を迫られるだろうが、厚生年金本体の民営化の議論を避けられないと考えられる。

レポート

アクセスランキング

【代行制度を考える(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

代行制度を考える(2)のレポート Topへ