2000年09月25日

都市観光を可能にする都市の魅力

  白石 真澄

都市計画 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1.広がる都市観光
2.魅力ある都市、魅力のない都市
3.都市の魅力創造に向けて

■introduction

ある大手の旅行代理店が発表したこの夏、7、8月の旅行者数は国内8,258万人、海外323万人とされる。21世紀社会にふさわしい観光の概念として、わが国でも「都市観光」が議論されはじめた。
現代文明論に詳しい木村尚三郎東京大学名誉教授は、都市観光を「知恵が求められる時代の『自分のためになる』観光」という。従来の物見遊山的なものだけでなく、旅が芸術文化の鑑賞、都市の歴史を学び、新たな暮らしを創造するといった知的欲求を満たす、多様な体験へと変容しているという意味である。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

白石 真澄

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【都市観光を可能にする都市の魅力】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

都市観光を可能にする都市の魅力のレポート Topへ