2000年09月25日

生命保険会社の損益動向

  荻原 邦男

文字サイズ

外資系や損保系を除く生命保険会社主要14社の合計ベースでの収益動向を見ると、ストック面での不安は少ないものの、生保の基本的な利益を示す「業務純益」で見たフロー収益はここ数年減少してきており、厳しい状況が続いている。
今後の動向は、金利上昇に依存する部分が大きいが、もう一段のコスト効率化が求められよう。

荻原 邦男

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【生命保険会社の損益動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

生命保険会社の損益動向のレポート Topへ