2000年09月11日

QE速報:4-6月期1.0%成長消費が改善

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<QE速報:景気回復の動き家計部門にも広がる>
  1. 4-6月期の経済成長率は前期比1.0%(年率4.2%)となった。うるう年の影響で前期比2.5%の高成長となった1-3月期に続く2期連続のプラス成長となり、景気回復基調が明確となった。
  2. 民間企業設備投資は1-3月期の反動で前期比マイナス3.3%の減少となったものの、消費は1.1%の増加となり、民需の寄与度は0.2%となった。
  3. 民間企業設備投資の減少は一時的で、消費の改善基調が明らかになってきたことから今後民需主導の景気回復が展望でき、大規模な補正は不要な状況である。
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【QE速報:4-6月期1.0%成長消費が改善】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QE速報:4-6月期1.0%成長消費が改善のレポート Topへ