2000年08月25日

住宅需要の長期予測

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

世帯数の変化等に基づく長期推計の結果、新設住宅需要は年間145万戸(93~98年平均)から、2013~18年に90万戸、2033~38年には44万戸に減少すると予測された。
現在、住宅需要は低金利や住宅ローン減税等を追い風に好調に推移しているが、急速な拡大は住宅需要の前倒しにより、その後の住宅不況を招きかねない。
今後、世帯数や世帯構造の変化等に基づく住宅ニーズにあわせた住宅政策を進めることが望まれる。

このレポートの関連カテゴリ

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【住宅需要の長期予測】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

住宅需要の長期予測のレポート Topへ