2000年08月01日

米国における債券運用の歴史

文字サイズ

米国における年金運用は、1950年代後半に株式運用が開始されてからは、株式が主流となっている。株価が右上がりの時代には株式、低迷の時代には債券と、相場後追い的な運用を繰り返しつつも、年金基金では、次第に確定年金給付債務をヘッジするイミュニゼーション、キャッシュフローマッチングの考え方が普及していった。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【米国における債券運用の歴史】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国における債券運用の歴史のレポート Topへ