2000年08月01日

連合会「受託者責任ハンドブック(運用機関編)」の位置づけ

文字サイズ

4月中旬に刊行された、厚生年金基金連合会の「受託者責任ハンドブック(運用機関編)」は、これまで検討が十分でなかったとされる、運用機関の受託者責任を取り扱ったものである。本稿では、ハンドブックで示された運用機関の行為規範の多くが、現時点では、法律上および契約上の義務でもない点を確認すると共に、今後の在り方について考えてみたい。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【連合会「受託者責任ハンドブック(運用機関編)」の位置づけ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

連合会「受託者責任ハンドブック(運用機関編)」の位置づけのレポート Topへ