2000年08月01日

確定拠出年金法案のポイント(3)-制度設計

文字サイズ

確定拠出年金の拠出内容を設計する上でのポイントとして、(1)拠出スケジュール、(2)導入対象となる従業員、(3)従来の制度からの移行・移換、の三点がある。これらの設計にあたっては、その目的や人事・賃金体系との整合性をとりつつ、十分な検討を重ねる必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【確定拠出年金法案のポイント(3)-制度設計】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

確定拠出年金法案のポイント(3)-制度設計のレポート Topへ