2000年07月28日

ゼロ金利政策の解除

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<今週の焦点:ゼロ金利政策の解除>

  1. 日銀は7月17 日の金融政策決定会合でゼロ金利政策の解除を見送った。しかし、速水総裁はその後も解除に強い意欲を示しており、早期にゼロ金利政策は解除されるだろう。
  2. ゼロ金利政策の導入時にくらべて経済情勢は大きな改善を見せており、構造改革は一時的に市場に不安感を与えても景気の回復は続くと考えられる。
  3. ゼロ金利は危機回避のための異例の政策であり条件が整えばできるだけ早期に解消されるべきだ。今後の日本経済は、低金利で投資を促進し生産の拡大を図るという生産重視の経済政策から、消費者中心の経済政策へと転換を図っていく必要がある。
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【ゼロ金利政策の解除】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ゼロ金利政策の解除のレポート Topへ