2000年07月25日

米国保険法定会計の動向

  小松原 章

文字サイズ

米国保険業界では、各州間で不統一であった保険監督のための法定会計基準が統一化され、2001年1月から適用される予定である。
統一会計基準は一般の会計基準であるGAAPに配慮する一方において、責任準備金の取扱い等基本項目においては法定会計の独自性を示し、保険監督会計としてのスタンスを明確にしている。
全米レベルでの統一基準の採択およびその後の定着状況により、GAAPに相当する会計基準としての進化が期待される。

このレポートの関連カテゴリ

小松原 章

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国保険法定会計の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国保険法定会計の動向のレポート Topへ