2000年07月25日

不動産市場データの本格的整備に向けて

  松村 徹

文字サイズ

99年以降、不動産証券化市場が急拡大しているが、もともと不動産は株式や債券などの金融商品と比べ市場データの整備や開示状況が圧倒的に遅れている。
健全な証券化市場形成のためには、市場実態を反映した賃料や投資利回りなど、投資家が求める市場データの本格的な整備が必要である。

このレポートの関連カテゴリ

松村 徹

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【不動産市場データの本格的整備に向けて】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産市場データの本格的整備に向けてのレポート Topへ