2000年07月18日

日米年金改革論について(報告:ペンシルバニア大学・Olivia S.Mitchell教授)(英語)

  年金フォーラム事務局

文字サイズ

■index

1.Three Waves of Pension Growth
2.Lessons From the International Experience
3.Relevance of Social Security Reform
4.Concluding Comment

■introduction

In my discussion today, I would like to offer a few perspectives on global challenges for pension design. In talking about these challenges, my views come partly from the developed world – and Japan as a key player in the developed world – and also from my experiences in developing countries, because I’ve done a lot of work in Latin America and Southeast Asia.

このレポートの関連カテゴリ

年金フォーラム事務局

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【日米年金改革論について(報告:ペンシルバニア大学・Olivia S.Mitchell教授)(英語)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日米年金改革論について(報告:ペンシルバニア大学・Olivia S.Mitchell教授)(英語)のレポート Topへ