2000年07月01日

依然水面下のインフレ期待

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■intrduction

実質金利と名目金利の間には、実質金利=名目金利-予想物価上昇率という関係が存在している。
名目金利が同じ状態であっても、予想物価上昇率がプラスの状況で実質金利が十分低い場合と、逆に予想物価上昇率が低く実質金利が高い場合では、経済への影響はまったく異なることになり、経済状況を判断する上ではこの予想物価上昇率を把握することが重要となる。
ここで物価上昇率ならば消費者物価や国内卸売物価など多くの物価統計から観測可能である。しかし名目と実質を結ぶのは「予想物価上昇率」であり人々のその時の期待である。
ここで、この観測できない「インフレ期待」を各種サーベイ統計から導き、現在の期待インフレの動向をみてみたい。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【依然水面下のインフレ期待】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

依然水面下のインフレ期待のレポート Topへ