2000年07月01日

わが国の投資信託事情(下)

文字サイズ

販売会社・運用会社のマーケティングによって、投資信託の純資産残高は過去最高レベルに達している。しかし、今後、投資家が投資で成功を収めるためには、業界が説明責任を果たすのに加えて、賢明な投資判断が行えるように、投資家自身の変革も必要と思われる。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【わが国の投資信託事情(下)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

わが国の投資信託事情(下)のレポート Topへ